大手メーカーの代理店の企画が、一瞬で消え去った話

justice

1.大手メーカーの代理店の企画が、一瞬で消え去った話

 

以前とある通信系企業で、小さな販売代理店が公式のサイトよりキャッシュバックを高めに設定する企画を打ち出したが、大元の公式サイトに即同じキャンペーンを打たれて早速終了したという例があります。

大手企業がいる市場で、大手企業相手に価格競争すると一瞬で目を摘まれたという事例でありました。

 

また我々と関係のない別の事例ですが、

 

都市と田舎ではビジネスの方法が違います。

様々な場所でマーケティングの情報はありますが…

提供されている情報は大半(ほぼ全て)が大企業、都心向けの情報です。

都市部 大企業 ○

都市部 小企業 ○

地方 大企業

地方 小企業

都心にある大企業と地方にある小企業では、

経済規模、年齢、人口、性格、ライフスタイル、出回っている情報及び媒体、色々と違っており、

出回っている情報は、殆どのケースで当てはまらないのが現状。

例えばSNS、人が少ないので広がっていかないという特徴があります。

ライフスタイルの違い、例えば地方では車での移動が多くなりますが、

電車広告は見なくなるし、車の使用中に見れるガジェットは、スマホのナビゲーションが多くなるのでローカルSEOは地方の方が有効になります。

経済規模の違いは、キーワードに直結します。あまりニッチなワードは通用しなくなります。

年齢に応じたフォントやデザインが必要とされ、オンラインとオフラインの割合を考える必要が出てきます。

この様な違いがあって、ウェブサイトの企画ではそれに合わせた作りになります。

 

vietnam

4.良いビジネス

 

上記の助けてもらった話は、些細な内容で、日常的に誰にでも起こりうる出来事です。

 

しかし、その関係が作られている瞬間、何の変哲もない行為ですが、ビジネスの視点で見ると、ベストな取引がなされている現場と思います。

 

それは、一つの単調な行動が人の感情から更に良い事例を作っているという教訓にもできます。

 

ビジネスの親切心を学ぶことは、地元のオーナー、マーケティング担当者にとってはやりがいのある仕事です。

 

需供バランスでミスマッチが起こっておらず、最適な均衡になっているため、同時に共感、感謝でも良い均衡を作っています。

 

 

 

 

5.不利益

逆に対象的ですが、ゲアン省、ハティン省のケースは、利己的なイメージを周りから持たれていることが原因で、就職が出来ない若者で溢れています。

 

また、利己的な行動をする個人の、短期的な利益を得ようとする=「楽して儲かる」、という行動。

 

これは同時に、何かのスキルを上げるとか、そういった成長機会を奪うことなると感じます。

 

国家レベルでも悪いガバナンスの国は発展しにくいと言われています。

 

人の心は「集団」に強く影響されるため、

 

その悪循環が広がっていけば風評被害、現実に取引ができない状態になります。不利益を生み出します。

 

 

 

 

5.集団心理

人の心は「集団」に強く影響されるため、

 

上記のいずれのケースでも、感情の動き一つで周りを巻きこんでいます。

 

家族、友人、ビジネスパートナー…

 

スタンフォード大学の神経学者ジャミル・ザキによると、人は他人の寛容さ、不寛容さを無意識レベルでチェックしており、

 

彼の研究では、寄付者が慈善団体に寄付した金額は、仲間からの寄付が多かったり少なかったと言われたかどうかによって上下しました。

 

このことから、共感は人から人へと広がることがわかります。

 

同様に、圧力も多数派に同調する傾向「人にうつる」があり、近しい人の行動に人は左右されながら行動します。

 

皆がBだというと段々Bに見えてきます。

 

親切心の影響を作れば、複数の活動に広がる可能性があります。

 

しかし、営業担当者やサービスの担当に伝えるためには「科学的なプロセスや理屈はなく、人々を教育し扇動するために、何かをする機会が生じたとき、一緒に方向付けを行い、指示に従わせるのではなく、能動的にさせること」とのこと。

 

優しさを教えるためのノウハウは存在しないかもしれませんが、親切心のリーダーシップを持つことは、それを受け止めたスタッフを通して顧客に広がって行くプロセスのスタートとなり得ます。

 

それをどのように構築すべきか。

 

 

service

6.優れたサービス

親切心のある優れたサービスを提供するスタッフの存在。

 

従業員に何も要求しない店舗で働いているにもかかわらず、個々の従業員が過剰な優しさで行動しているのを見ることがあります。

 

しかし、これは顧客のニーズとギャップがあることが多く、共感とは違うため、理想的ではないケースです。

 

親切心のあるスタッフが顧客のニーズに応えるように、寛大と共感を生みだすビジネスを構築するのが、一つの目標とした時。

 

SNSでビジネスの目的調査の結果、当然ながら、回答者の大多数は生活賃金を最優先の課題としています。

 

なので、まず経営者側から、スタッフが衣食住においてきちんと出来る、生活の安定を確保できるようにしなければなりません。

 

スタッフの給与を出来るだけ少なく、人より物を優先する経営者はただの搾取です。

 

その上でのリーダーシップ。

 

そして親切心の観点から消費者に付加価値を提供する労働力は、通常雇用側から問われる信用、健康等へのニーズを同時に満たすことができます。

 

尚、顧客の不満については、否定的なレビューの70%はサービスと理想のギャップか、失礼なサービスと感じたことにあり、その多くがアフターケアで克服できることが調査でわかっています。

 

 

 

7.実用的な手段として

地元の小さなビジネスだからこそ、親切を生み出す思いやりのあるポリシーとイニシアチブは手の届くところにあり、影響力があります。

 

大きな成長の可能性、

店舗にとって良い循環を考えてみます(下記)。

1.店舗建設中に隣の住民に声を欠けること

2.困っている人に住まいの一部を提供すること

3.スタッフが困っている人を助けるか

4.記念日で女性への贈り物

5.スタッフの帰省の日程を把握

6.ある顧客が来店中にバイクが盗まれた時、代わりになるものを渡す行為

7.帰属している業界のネガティブな側面、そこから発生する依存症などの患者への意識、働き

8.お客さんへのプレゼント企画

 

 

組織の規模が小さいほど、スタッフはオーナーの貢献の影響を受けやすく、そのスタッフは、5人、10人と顧客にその貢献をサービスに変えて広げることができます。

 

今はオフラインだけでなく、オンライン上のレビューや口コミがあるので、情報が広い範囲でより早く伝わります。

 

地域の新聞、キャンペーンを開始する特定のコミュニティ…

 

善行は、事実上制限が無いという特徴がありますが、測定できないという意味ではありません。

 

地元のビジネスオーナーとして、誰でもそれを解析する実用的な手段も持っています。

 

それを経験値、実績として残すことができれば、レビュー、SNSを通してスタッフや人々に共有することができます。

 

仏教は、紀元前から「与える喜び」を現代に伝えています。

 

coffee