Web制作について

ビジネスでウェブサイトを作る際に考えるべきポイント

最初に、ウェブサイトの効果を測定するため指標を決める必要があります。

このことをウェブでは、目標達成するための指標「KGI(キーゴールインディケータ)」といい、サイトを作る上で非常に重要な指標となります。

例えば、企業が「商品をもっと紹介したい」、個人が「痩せたい」という目標を持てば、それに向けた指標が KGIとなります。(*ブログでよくある旅行や食事の日記は、ゴールが明確でないためKGIに該当しません。)

ウェブサイトの類型

企業のウェブサイトにおける目標の達成指標「KGI」は大枠で次の類型に分かれます。(メディアを除く)

これらは単体でも存在しますが、通常はウェブサイト一つに複数の目標が設定されています。

 

 ウェブサイトにおける目標指標、5つの類型
1. 企業紹介サイト 企業情報やIR情報を利害関係者(顧客・株主・従業員等)に知らせる
2. ブランドPRサイト 特定の商品を紹介したり、ブランドを知らせて、競合と差別化を図る(広告用のランディングページ等)
3. 顧客リードサイト 問い合わせや会員登録などを通して、見込み顧客を増やして、同時に情報を集める(アンケート、問い合わせ用サイト)
4. セルフサービス サイトのサービスによって、オンライン上でユーザーが自ら目的を達成(転職サイトなど大規模なサイトが多い)
5. 商品販売サイト オンラインで商品を購入してもらう。(ECサイト、ショッピングサイト、モール)

 

次に、目標を達成するための進捗を測定していく指標(KPI)を作ります。

“例:「痩せたい」という目標への施策”

「痩せたい」のKPI 今100Kgの体重を70Kgにしたいので、20Kg痩せるための施策を考え指標を作る

 

 30Kg減量するための施策
1. 夜食を食べない → 夜食を食べなかった回数を測定
2. 1日3キロ歩く → 万歩計による距離測定
3. 1日のカロリー3000kcal未満 → カロリー表の日記をつける

1ヶ月単位でその内容を記録していくと…

 

1.夜食を食べなかった回数を測定 →  10日間達成できた。(0.5kg減量成功)

2.万歩計による距離測定 →  合計50km歩くことができた。(1.5kg減量成功)

3.カロリー表の日記をつける →  10日間達成 平均して2800kcal1.0kg減量成功)

*3.の施策については精神的苦痛あり。1ヶ月目は3キロ減量成功、2ヶ月目は2キロ減量成功 ”施策でわかること”

上記でわかることは次の通りです。

1.どれくらい目標達成したか

2.毎月の変動要因は何か

3.それらによって導かれる次の施策

 

これらの情報は仲間と共有することが出来ます。

“ウェブサイトの場合”

ウェブサイトの場合だと上記の単純さはありませんが、プロセスは同様となります。

 

サイト類型 KGI(目標指標) アクセス解析による内容
1. 企業紹介 関係者に情報を見てほしい 閲覧されたページや滞在時間を確認
2. ブランドPR 多くの人に認知してほしい 訪問ユーザー数を確認(但し好感度や関心度合いは確認できません)
3. 顧客リード お問合わせ数をUPしたい お問合わせのきっかけになったページの閲覧回数を確認
4. セルフ 登録者数をUPしたい 登録に至る前のページを確認
5. 商品販売 購入単価をUPしたい 顧客の1/3が複数の商品を購入していることを確認

[/vc_column_text]

[/vc_column][/vc_row]
サイト類型 改善に向けた次の施策
1. 企業紹介 滞在時間の長いページを確認し、その情報を充実させる
2. ブランドPR リアル営業やアンケートで意見収集、好感度などを測定する
3. 顧客リード お問合わせに至るまでのルートの内容を充実させる
4. セルフ 閲覧の多いページの内容を他のコンテンツと関連させる
5. 商品販売 関連商品を追加し、あわせ買いを促す

 

これらは一つの例ですが、最初にこのような流れでゴールを明確にし、デザイン → 分析 →  改善を繰り返していきます。